要介護認定された場合の補助金

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

介護 補助金み

ビル

要介護認定された場合の補助金

65歳以上で要介護認定をされた人や、国が指定している特定疾病により支援が必要とみなされた人は、費用の9割に相当する補助金をもらって、介護サービスを受けることができます。
補助金が支給されるのは、まずは施設に入居する場合にかかる費用です。
また自宅から施設に通う場合も、補助金を支給してもらえます。
さらに、スタッフの訪問により自宅で介護を受ける場合の料金や、専用の電動ベッドや紙おむつなどの購入費についても、補助金が支給されます。
車椅子を歩行器などの福祉用具をレンタルした場合も、同様です。
上限は10万円で、費用の1割は自己負担となりますが、それでも大幅に負担が少なくなるため、介護サービスの申し込みをする人は多くいます。